自動テキスト評価システムとペナルティ

2022年11月15日に、ライアットの新しいテキスト評価システムがリーグ・オブ・レジェンドに導入され、ついに目標が実現しました。これでライアットの全ゲームに新たな自動システムが導入され、プレイヤーの言動に関する報告を評価するとともに、攻撃的であったり他者を傷つけるような、チャット内の不適切なメッセージに対してペナルティを与えられるようになりました。新システムには複数の機械学習モデルが組み込まれており、より信頼性と正確性の高い自動評価を行えるようになっています。評価の効率が上昇したことで、処理能力はこれまでの20倍以上になる見込みです。

このシステムは具体的に何をするのですか?

自動テキスト評価システムは以下のような処理を行います。

また、継続的に以下の改善も行われます。

  • 使用禁止とされる言葉のリスト(ブロックリスト)と、そこから派生した言い換え等に対する微調整
  • あからさまではない嫌がらせや悪質行為の発生検出、および検出に適切な基準値の設定
  • 様々な種類の不適切な発言に対応した、異なる機械学習モデルの追加
  • 対応可能な言語の追加

今後はすべて機械任せにして、プレイヤーは何もしなくてもよいということですか?

いいえ。プレイヤーの皆さんには、今後も違反行為を報告していただく必要があります。自動化されたのは「皆さんから送られた報告を評価し、機械学習モデルを用いてペナルティを決定する」という部分です。判断の基となるのは、あくまでもプレイヤーから提出された報告であるため、皆さんからの報告は引き続き必要不可欠になります。

ペナルティについて改めて教えてください

ペナルティについては以下のページをご参照ください。もしも試合中に感情的になってしまうような場面があっても、冷静さを取り戻す手助けとなってくれるはずです。

サポート体制について

今後は1日あたりのサポート対応件数が膨大になると予想されるため、サポート戦略にも最適化が必要となっています。量としては以前の20倍以上に増加すると考えています。これは言い換えると、以前の1か月分を1日で対応する必要が出てくるということです。

チャット制限ペナルティに対する異議申し立て

不当なペナルティがどれほど不快なものかは、私たちも理解しています。お問い合わせいただく前に、ペナルティ通知に添付されたチャットログをもう一度ご確認ください。不適切な内容に該当し得るものがあった場合、お問い合わせの返答としてそちらを指摘させていただく可能性があります。

チャットの内容を思い出せない場合や、チャットログを見つけられない場合はお問い合わせください。自動システムが該当チャットログを検索いたします。

該当チャットログを確認したうえで、チャット制限を受ける妥当な理由が見受けられなかった場合はお問い合わせください。チャット制限が手違いによるものだった場合、こちらで修正させていただきます。

チャット制限を受けていても、意思表示ピンは見ることも使用することもできるので、仲間と戦略を立てたいときはピンをご活用ください!

この記事は役に立ちましたか?

お探しのテーマが見つかりませんか?

技術的な問題からアカウントの問題まで、サポートいたします! お問い合わせください!サポートからできるだけ早くお返事いたします。

/ お問い合わせ
Powered by Zendesk